2018年12月28日金曜日

この一年を振り返って・・・

この一年を振り返って・・・。

オンライン診療の導入により、通院困難であった患者さんに大変歓迎されました。

画期的な便秘薬が続々と登場。
“すっきり快適な便”にする治療の幅が広がりました。

新年は4日から診療開始します。
新たなことにも果敢に挑み、また一歩前進していきたいと思います。


2018年12月9日日曜日

公開オンライン診療研究会に参加しました

飯田橋で行われた公開オンライン診療研究会に参加しました。

この新しい診療形態は今後の医療に必要不可欠なのは、もはや共通認識。
しかし、限りある医療財源、一気に広がるのを懸念する厚労省。
議論は白熱。

当院は“患者志向でまず実践!”、症例を積み重ねています。

2018年12月4日火曜日

11月の手術・検査成績

お尻の症状を主訴に当院受診された患者さんは、これまで1500人を超えました。

一番多い疾患は、イボ痔(内痔核)です。

適応があれば日帰り手術を行います。
便秘が原因である患者さんは、便秘治療をしっかり行います。

“刺激性下剤”からは、みな開放されます。


2018年11月29日木曜日

たかが便秘、されど便秘

当院では便秘治療に積極的に取り組んでいます。

患者さんには、治療のポイントをじっくり説明し「排便日記」をつけてもらっています。
治療継続率は77%と患者さんも真剣です。

投薬する場合は、ガイドラインに沿った体に優しい薬を処方しています。

11月29日に待望の新薬が登場しました。
小児(2歳以上)にも安心して処方できます。

たかが便秘、されど便秘です。


2018年11月1日木曜日

インフルエンザ予防接種

最近めっきり冷え込みますね。
当院では早くも暖房・加湿器を稼働させています。

昨年は全国的にインフルエンザ・ワクチンが不足して混乱を招いた影響からか、今年は早くから予約し予防接種を受ける方が多いです。

12歳以下の子供は2回接種が必要。
当院では19歳以下は“子供料金”設定です。

流行する前に接種を済ませましょう。


2018年10月12日金曜日

立派な生き様

がん免疫療法薬オプジーボを生んだ本庶特別教授がノーベル賞を授賞し、世間は「がんは治る時代になった!」と絶賛の嵐です。

高度進行直腸がんの患者Aさんは三度に渡る大手術と厳しい化学療法の甲斐もなく、2年前に治癒不能のがん再発が判明しました。
担当医の私は、延命効果が期待でき身体的負担が少ない分子標的薬をお勧めしたところ、「日本のため、もう余分な医療費を使いたくないです。」と笑顔で拒否。

先々月、家族に見守られ自宅で静かに息を引き取りました。立派な生き様だと感銘を受けました。


2018年9月30日日曜日

医療法人 東仁会(とうじんかい)

「とうじま内科・外科クリニック」は10月から医療法人となります。

個人→公の施設と変わります。

名称は「東仁会(とうじんかい)」です。

“東”は「とうじま」の東。“仁”は「他人に対する親愛の情、優しさ」を意味し、皇室名の慣例通字でもあります。

地域における医療の重要な担い手としての役割を積極的に果たすよう努めます。