2020年7月3日金曜日

回復の兆し、感染対策はまだ重要

コロナ禍で世の中すべてが自粛モードとなりました。

軽症や慢性疾患の受診も不要不急とみなされ“受診控え”が起きました。

6月になりコロナの正体が次第にわかってくると、人の動きも“回復の兆し”。
とはいえ、感染対策は今後まだまだ重要です。




2020年6月23日火曜日

中日新聞に掲載されました

中日新聞(6月23日)の全国版「健康」で当院の取り組みが掲載されました。

思えば、2年前にオンライン診療を導入して以来ずっと“孤軍奮闘”してきましたが、コロナ禍が一気に世の中を覚醒・普及へと突き動かしました。

時限的」でなく、一定の条件下での「恒久化」を求める声が高まるのは必然と考えます。



2020年6月16日火曜日

時限的措置でオンライン激増

「新型コロナ感染拡大による時限的措置」でオンライン診療は激増しました。

これまで当院でオンライン診療を受けた患者さんは114人です。
年齢は0歳~95歳(平均42歳)。

オンライン初診は40人。実際、7割(80人/114人)が「電話等再診」で算定しているのが現状です。



2020年5月31日日曜日

特定検診・がん検診、再開しました

自粛していました名古屋市の特定検診・がん検診は、ようやく再開となりました。

がん検診は1項目ワンコイン(500円)で受けられます。

感染症対策はまだまだ求められます。
引き続き密を避けて、マスクと手指消毒をお願いしています。


2020年5月19日火曜日

登録者は200人を超えました

感染症対策として、なるだけ受診を避けることは今後も必要とされるでしょう。

来院患者さんにはオンライン登録をお勧めしています。
登録者は200人を超えました。

日々、対面診療の合間を縫って行うオンライン診療が日常となっています。



2020年5月4日月曜日

緊急事態宣言を受けて

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、
名古屋市の特定検診・がん検診は4月から中止しています。

宣言延長となれば、検診自粛期間も延びると思われます。

お急ぎの健診、必要な検査・手術・予防接種等は時間を配慮して対応します。
ご相談ください。




2020年4月25日土曜日

変化した診療形態

「何かあったら、受診すれば安心」→「何かあっても、受診すると不安」
コロナ禍を契機に、みんなの考え方は180度変わりました。

外来・入院・往診(訪問診療)、そして登場したオンライン診療。
求める声は急激に高まり、当院でも対応に追われています。

いつの日か非常事態宣言が解除されても、変化した診療形態は元には戻らないと考えます。